Navigation :
Articles :

解体工事について知っておきたいお役立ち情報

解体工事と悪徳業者 ~だまされやすい人とは~

住宅の建替えは、一生のうちに何度も経験することは少ないだけに、戸惑うことも少なくないと思われます。

また、住宅の建替えをするときは、それに必要な手続きも含め、ハウスメーカーや工務店に依頼する傾向もあります。

しかし、自分でできることは自分ですることによって、住宅の建替えに必要な経費節減ができる可能性もあります。

そのひとつ、解体工事は、工務店などを通すと手数料分を上乗せして支払うため割高になりますが、自分で直接契約すると、その分を安くできることも期待できるのです。

また、解体工事に伴ってできるごみには、鉄のように売却可能なものもあり、それによって解体工事費用を安くすることも可能です

一方、解体工事業者には悪徳業者も存在しますので、その見極め方や、解体工事に関わる近隣への配慮など、解体工事について知っておきたいお役立ち情報をまとめました。

これから住宅の解体工事を予定している人にとって、少しでも参考になると大変うれしく思います。


解体工事のためにしておくこと ~関係手続き~

解体工事のためにしておくこと ~関係手続き~

住宅など建物の解体工事を行うためには、事前に行う手続きと、解体工事終了後に行う手続きがあります。

解体工事を行うためには、添付書類を含む、これらの手続きは委任状による代理手続も可能ですが、自分ですることも検討しましょう。

まず、解体工事を始める7日前までには、都道府県知事宛(政令都市は市町宛)への届出が必要で、これは「建設リサイクル法」に定められています。

対象となるのは、床面積80㎡以上の建築物で、届出書・分別解体等の計画等・設計図または写真・配置図・工程表などを含む書類を2部作成する必要があります。

また、解体工事が終了後は、法務局への建物滅失登記の必要性があり、こちらは「不動産登記法」の対象になります。

ちなみに、建物滅失登記に必要な添付書類には、取毀証明書・印鑑証明書・資格証明書などがあります。

そのひとつには、解体工事業者発行による取毀証明書がありますので、証明書をスムーズに発行してもらえるためにも、業者選びは慎重にする必要があります。

現場