Navigation :
Articles :

TOP > トラブルを防ぐ

解体工事のためにしておくこと ~トラブルを防ぐ~

解体工事のためにしておくこと ~トラブルを防ぐ~

解体工事に掛かるためには、一定の準備期間が必要です。

というのは、解体工事を始めるための関係書類の提出は、工事着工日の7日前には済ませておく必要があるからです。

また、住宅などの建築物の解体は、火災や自然災害など想定外のことがない限り、ある程度の期間を掛けて準備して掛かるのが普通です。

その期間中には、電気やガスなどライフラインを止めるなど、解体工事を始めるために支障がない状態にしておきます。

ちなみに、解体工事に必要な水道に関しては、業者と相談してから決めましょう。

それと、解体工事の日程が決まってくると、近隣への挨拶まわりも忘れないようにしましょう。

近隣への挨拶まわりは、業者といっしょにすることもありますが、手土産は別に持参するなど、ちょっとした心掛けも大切です。

また、土地の売却を前提とした解体工事をする場合もありますが、近隣の人に対しては最後まできちんとした配慮をして、不要なトラブルを避けることが望ましいといえます。